会社方針

守るということ。

人と街。今の社会は二つの方向から揺るがされています。

一つは、いうまでもなく資源、環境問題により、生産、消費が批判に曝されていること。

二つは、豊かな社会が辿る当然の帰結として、多くの人達が自分らしい生き方の選択を社会に望んでいること。

私たちは、高度情報化社会へ変貌しつつある今、多様化する価値観に対し、管理機能の増大のみの解決を望みません。

例えば、超高層建築が柔構造によって支えられていること。野辺に咲く花が人のやさしさに守られていること。

合理主義が生む独善的、支配的秩序を絶対視せず、たえず「しなやかな発想」で「安全」を考えます。

私たちの守りはしなやかです。